FOREST発表会にO.Bで参加

現在、活動は演歌歌謡がメインですが、元々はバンド活動や弾き方りなど、ポップスを主に行なっていました。

高校生の頃は何もわからず感覚と勢いだけでやっていました。

それはそれでそれなりにやれてはいましたが、いい曲を作ることはできても、それ作り続けるという壁にぶつかり、今度はいいライブができても、それを続けてゆくという壁にぶつかる。

生み出し続けてゆく難しさに行き詰まり、当時お世話になっていたライブハウスの店長さんのご紹介で、19歳の時に門をくぐらせていただいたのが、一木弘行先生が開かれている「FOREST」という音楽教室でした。

音楽理論、発声理論、音楽家としての心構えなど、大切なことをたくさん教えていただきました。

今、音楽講師として仕事ができていること、演歌歌謡の道を歩めているのも、ひとえに師匠に授けて頂いた理論のおかげです。

音楽家として生きてゆく術を頂いた感謝を忘れずに、しっかり大成し恩返しができるように、一歩ずつ歩んでいきたいです。

さて発表会です^^

会場は博多にあります「DANCITY」さんです。

現役生徒さんたちに混ざってO.B枠での参加です^^

僕も当時は弾き方りや、他の生徒さんのサポートでギターやベースを弾いたりしていました。

月日は流れ、今は演歌。

人生どうなるかわかりませんね…感慨深いです☆

最初に手拍子は表で、など演歌の楽しみ方をいくつかお話しさせて頂いて、北島三郎先生の「まつり」を歌わせていただきました^^

もちろん練り歩きも☆

たくさんの手拍子いただきました^^

若い方が多かったのでどうなるかと思いましたが、喜んでいただけて良かったです^^

師匠の前で演歌を歌うのは初めてでしたが、お墨付きいただきました☆

胸張ってゆきます!

ありがとうございました^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。